補習コース


<目的>

 

  • 学校の成績を上げることを目的とします。

 

<指導の進め方>

 

  • 学校の進度に完全に合わせます。
  • 教科書の予習/復習を中心に指導します。
  • 定期試験の点数を上げるための指導を行います。
  • まずは平均点を超えさせ、その上で、成績を平均以上でキープします。

 

<元代ゼミトップ講師の坂本塾長からのアドバイス>

 

 

数学や英語の学問体系というものは、すべてが有機的に繋がっており、どこかを「飛ばす」ことは基本的にはできません。つまり、成績が低迷している生徒は、必ず過去にその原因があります過去に理解できなかった部分がわかって初めて、現在の問題が解けるようになるからです。

 

したがって、成績が平均以下の生徒は「学年を飛び越えた過去の復習」と「現在の学校の勉強の理解」という二正面の戦いを強いられているのです。

 

もしお子様の成績を「一刻も早く浮上させたい」場合は、平均を超えるまでは週2コマの受講を強くお勧めします。1コマは過去の復習に、もう1コマは現在の学校の進度に焦点を合わせた勉強が必要になります。1コマだけでは勉強量が足りません。短期でもよいので、一点集中でエネルギー(時間・お金・労力)を投入すべきです。

 

その一方で、すでに平均以上の成績の生徒に関しては、週1コマの指導を十分でしょう。東大生による適切な指導で、さらに上位を目指すことが可能になります。