Q1. オンライン授業だけでなく、普通に通塾できるんですよね?

 

A. はい、もちろん可能です。通塾だけでもいいですし、オンラインだけでも、また両方を合わせても大丈夫です。オンラインでも対面と全く遜色ない指導が可能ですので、要はお子様の都合に合わせて、色々なスタイルで勉強できる、ということです。いい時代になりました。

 

 

Q2. 東大生にできない子供の気持ちはわかるのでしょうか?

 

A. 「気持ちがわかるかわからないか」は成績を上げる上では関係がない、ということを言っておきます。偏差値が高かろうが低かろうが、人の気持ちがわかる人はわかりますし、わからない人はわかりません。そんなにお子様の気持ちがわかってほしいですか?「あ〜勉強ができないんだね〜。かわいそう、かわいそう。なんてかわいそうなんだろう!」と慰めてほしいですか?そんな同情は要りません。同情は人を弱くします。

 

 

Q3. クレジットカードを持っていないのですが…。

 

A.クレジットカードシステムを採用しているのは、単にお客様の利便性だけではありません。実は、クレジットカード利用を嫌がる人には一般的に以下のどれかの特徴があります(注:あくまで「一般論」です。もちろん例外の方もいらっしゃいます)

 

・頑固である。

・不信感が強い。

・お金にだらしがない。

・計画性がない。

・衝動的・感情的である。

・授業料を踏み倒そうという意図がある。

 

「Credit=信用」という意味。つまり、そもそもカードを持っていない、あるいは使いたくない・使えない人には、「まともな人」がいません。後々でトラブルメーカーになる可能性が非常に高いです。東大生や他のお客様を守るためにも、入塾するのにふさわしい人物であるかどうかを最初の段階でふるい分けしているのです。

 

 

Q4. 無料体験塾はありますか?

 

A. Q3と通じるところがあるのですが、当塾では「無料」の体験授業というものはありません。というのも、最初から「無料、無料」という言葉を強調するお客様には「まともな人」がいないからです。このようなタイプの方は、「すぐに辞める」「最初から入塾の意思がない」という人が多いです。そのような人が来られるのを防ぐために、あえて有料にさせていただいております。

 

 

Q5. 先生はコロコロ変わりますか?

 

A. 当塾の一つの大きな特徴は、先生方の在籍期間が長い、というのがあります。都内の個別指導塾の平均在籍期間は4.7ヶ月。一方、当塾の先生の在籍期間は3年です。この違いは何を意味しているか?「離職率が高い=ブラック企業」と考えて良いです。実際、全国調査で教育業界は飲食と並ぶかそれ以上の離職率の高さです。コマーシャル等のイメージとは真逆の姿がそこにはあります。当塾では「先生第一」というように、お客様以上に先生を大事にしています。それが結局はお客様の利益になる、と考えているからです。良い先生が集まり、長く留まるー理想的な流れができているのです。

 

Q6. 何か共通のテキストはあるのでしょうか?

Q7. 合格実績を教えて下さい。

Q8. 先生を色々比較してから決められますか?

Q9. 東大受験の方専門の塾ですか?

Q10. 色々な個別指導塾がありすぎて迷っています。